中学校 校内英文暗唱大会(9/26)
2013.09.27


  926日 第11回校内英文暗唱大会が筆山ホールで行われました。

1生はマザーグースの詩 “This is the House that Jack built” をリズムに乗って元気よく暗唱しました。中2生は日本の昔話『泣いた赤鬼』を題材にした物語を21組のペアになりセリフとナレーターに分かれ、情感を交えて聴衆に語りかけました。 中3生はテディ・ベアが作られたルーズベルト大統領の逸話を話しました。

英語研究部員もスタッフで参加し、ジャーナル配布や司会を担当しました。クラス代表や友人を応援しようと生徒、先生方も多数駆け付け、用意したプログラムが足りなくなるという盛況ぶりでした。

 結果は、中1片岡くん、中2蘆田さん、尾崎くんのペア、中3宮部さんがそれぞれの学年で最優秀に輝きました。2位は中1福田くん、中2大久保さん、矢野くんのペア、中3は岡崎さんに決まりました。また、今年からもうけられた校長先生の特別賞が中3杉本さんに授与されました。

 この大会は114日土佐リハビリテーションカレッジで行われる高知県中学校英語弁論大会の予選となっており、片岡くん、宮部さん、杉本さん、中2は大塚くんが出場することになりました。

 最後に、校長先生から「英語に対する興味関心を膨らませて、いろいろな刺激を学習の糧として頑張ってください」と激励の言葉がありました。

文責 高橋
 

中1
        
     

中2
 
 中3