高1修学旅行写真集と旅行団のFAXから
2013.11.28更新
・ 1日目    ・ 2日目    ・ 3日目   ・ 4日目   ・ 5日目
  
1日目(11/18)
 
旅行団のFAX から
・・・・
 強風で大揺れの瀬戸大橋を通過し、予定通り11:30、岡山駅着。小雨の降る中地下のスペースへ。大きな声でまくし立てる者、写真を撮りまくる者、教員に絡む者等、修学旅行という平時とは異なる環境に生徒の気分がハイになっていることが良くわかります。
 12:25、新幹線乗車。すぐにお弁当となり、新神戸に着くころにはほぼ完食、あっという間です。その後はトランプを楽しむ者、暑がってデッキと座席をうろうろする者、「自分の足の長さの為に自動扉が閉まらない」と言い訳する教員等、テンションは更に上がり、今年は富士山そっちのけになるのかと思われたものの、快晴の空をバックに雪を頂いた富士山が車窓に見えると、生徒たちは夢中で写真を撮っていました。
・・・・
 
2日目(11/19)
コース別研修へ

旅行団のFAX から
・・・・
 本日は修学旅行のメインであるコース別研修。朝6:15起床の医療系コースを含む全ての生徒が時間通りに行動することが出来ました。――尤も、定番のルームキー返却忘れやスリッパによるバス乗車をした者もいることはいたのですが。
 OBがいろいろと案内をしてくれた東大、実際の手術の現場を目の前にすることの出来た警察病院、関根勤とエレベーターで一緒になったTBSと生徒は各分野の最先端の現場で大きな刺激を受けて帰って来ました。それは 「ずっと楽しみにしていて、でも今日は期待の何倍以上も楽しむことが出来ました。こんな貴重な体験をすることが出来て、私は幸せ者だなあと思いました。」と、記録係が言葉を並べる必要のないような、こんな感想が夕食後に課されたレポートに数多く寄せられていることからもわかります。この貴重な体験を力にかえて将来を切り拓き、いつの日か今度は後輩を迎え入れることの出来るようなすぐれた人材になって欲しいと切に切に願います。
・・・・
 
3日目(11/20)
 
旅行団のFAX から
・・・・
 例年になく希望者の多いディズニーリゾートは、ディズニーランド61名、ディズニーシー55名と大人数で夢の国を満喫しました。天気もよく暖かかったので、スカイツリーからは富士山も見えたそうです。帰りも全ての班が自主研修の5分前にはホテルに戻り、集合や時間厳守をしっかりと出来ていました。荷物の積み込みには、買いすぎたおみやげをなんとか荷物につめて無事送り出すことが出来ました。受け取りをお手伝いしてくれる生徒や先生方、宜しくお願いします。
・・・・
 
4日目(11/21)

 
5日目(11/22)