2013年度 土佐高等学校卒業式(1/31)
2014.01.31
  1月31日(金)、少しだけ春の息吹が感じられる晴天のこの日、平成25年度の高校卒業式が行われました。本年度卒業生は第89回生となります。

 山本校長は、卒業生に贈るはなむけとして、三つのことを大事にしてほしいと述べました。ひとつめは、逃げないこと。ふたつめは、大学で自由に使える時間を有効に活用すること。そしてみっつめは、四つの「度」を大切にすること。
 四つの「度」とは、「純度」、「練度」、「鮮度」、そして「その人らしさ」を意味する「風度」です。この三つのことを念頭におき、今後の日本をひっぱってゆくリーダーへと育ってほしいとエールを贈りました。

 また池上理事長、高木振興会会長、岡内同窓会会長からも祝辞をいただきました。

 在校生代表として高校2年の荒井さんが送辞を述べてくれました。それに答えて卒業生代表の山本くんは、高校生活の充実した三年間を回想しつつ、保護者や教員、そして後輩たちへの感謝の気持ちにあふれた答辞を述べてくれました。
 かれらなら卒業したあとも、土佐を愛しつづけてくれることでしょう。

 大きな拍手と紙吹雪に送られ、第89回生たちは土佐高校を巣立っていきました。
     
     
     
朝,式の前に
 
式の後で(筆山ホール)
  
式の後で(クラス)