2015年度 土佐高等学校卒業式(1/31)
2016.01.31

 1月31日(日)、先日までの厳しい寒さもゆるみ、好天に恵まれたこの日、平成27年度の高校卒業式が行われました。本年度卒業生は第91回生となります。

 山本校長は、卒業生に贈るはなむけとして、三つのことを大事にしてほしいと述べました。一つめは、逃げないこと。二つめは、自律した生活の中で知性を身につけること。そして三つめは、「自由」「反骨精神」「noblesse oblige」を持ちつづけること。
 「noblesse oblige」とは恵まれた環境に感謝し、その能力を最大限に伸ばし社会に貢献することだとした上で、土佐校たる伝統と誇りを持ち、将来のリーダーへと育っていってほしいとエールを贈りました。

 また池上理事長、吉澤振興会会長、岡内同窓会会長からも祝辞をいただきました。

 在校生代表として高校2年の竹内さんが送辞を述べてくれました。それに答えて卒業生代表の正木くんは俳句同好会、応援部、生徒会活動を通して得たかけがえのない出会いを挙げながら土佐で受けた教育への誇りと感謝にあふれた答辞を述べてくれました。
 土佐を愛し、そこで得たものを活かしながら広い世界へ旅たとうという強い意志が伝わってきました。

 大きな拍手と紙吹雪に送られ、第91回生たちは土佐高校を巣立っていきました。
式の後で(筆山ホール)
 
式の後で(クラス)