2学期始業式(9/1)
2016.09.01
9月1日(木)、2学期の始業式が行われました。

 まず始業式に先立ち、国際交流プログラムで本校を訪れたガーナ人高校生の歓迎式がありました。

 始業式で山本校長は、厳しい暑さの続いた夏休みを振り返った上で、ギアの切り替えを速やかに行い、通常モードに戻るよう促しました。また、2学期に予定されている運動会・防災訓練・修学旅行・開校記念日などの各種行事に積極的に参加するよう、特に高校3年生は明るくポジティブな気持ちで取り組んでほしいと話がありました。
 
 武市生徒部長は、「ガーナからの友人との縁をきっかけに、世界の歴史を繙いてみてはどうでしょうか」と話しました。また、まだまだ自立・自律できていない者が散見される現状について、「発展途上の自己を認識し、心と体の健やかな成長を遂げてください」と述べました。
 
 藤岡進路部長は、リオ五輪閉会式のAR(拡張現実)の話題に触れつつ、「自分の現在の足元(現実)をしっかり見つめながら、近い将来と遠い将来のことも見据えてほしい」と話しました。

 明日は実力テスト、明後日より平常の授業が始まります。
〈 ガーナ生交流行事 歓迎式〉