第16回高知県高等学校英語ディベート大会で優勝 (10/23)
2016.10.28
 

1023日第16回高知県英語ディベート大会が高知大学で行われました。

土佐高校英語研究部から2チームが参加し、「日本政府は日本国民にベーシックインカムを与える社会保障制度を採択すべきか、否か」の論題を英語で議論しました。パワーペアリングという、予選4試合の勝ち点が高い2チームが決勝に進むルールで試合が行われました。その結果、決勝戦は土佐校同士の戦いとなりました。

結果は、チームTED(岡林、大久保、大塚,矢野)が優勝し12月に茨城県で行われる全国大会への出場が決まりました。チームTEC(阿部、伊勢本、川越、中村、宮田、三好)は準優勝になりました。

さらに高2の矢野くんがベストディベーター賞に輝きました。

全国大会に向けてさらに練習を重ねて、手ごたえのある試合をしてくれるものと期待しています。

 
文:高橋 写真:アンドリュー