2016年度 土佐高等学校卒業式(1/31)
2017.01.31


 1月31日(火)、清々しい好天に恵まれたこの日、平成28年度の高校卒業式が行われました。本年度卒業生は第92回生となります。

 山本校長は、卒業生に贈るはなむけとして、三つのことを大事にしてほしいと述べました。一つ目は、逃げないこと。二つ目は、自律した生活の中で知性を身につけること。そして三つ目は、「粗にして野だが卑ではない」と言える人であり続けること。
 最後に、土佐校で培った力を糧に新しい世界へ飛び立ってほしい、将来のリーダーへと育っていってほしいとエールを贈りました。

 また池上理事長、藤本振興会会長、岡内同窓会会長からも祝辞をいただきました。

 在校生代表として高校2年の池田君が送辞を述べてくれました。それに答えて卒業生代表の堤さんは、日々の勉強や学校行事、部活動を通して得たかけがえのない体験を挙げながら、土佐で受けた教育への誇りと感謝にあふれた答辞を述べてくれました。
 土佐を愛し、そこで得たものを活かしながら広い世界へ旅立とうという強い意志が伝わってきました。

 大きな拍手と紙吹雪に送られ、第92回生たちは土佐高校を巣立っていきました。

 
式の後で・・・